車 維持費

軽自動車の税金

若者の間では自動車を持たないという選択肢が増えつつありますが、それは都会に限った話であることが大半であり、公共交通機関の発達していない地方にとっては車は生活の必須アイテムであります。しかし余計な出費を抑えたいとする傾向がとても強く、維持費の安い軽自動車が大人気になっています。維持費には税金や消耗品代、ガソリン代などがありますが、税金は車を所有しているだけでかかる費用ですから安い軽自動車が人気なのもうなずけます。自動車には税金がたくさんありますが、軽自動車は重量が一般車と比べて軽く、また排気量も少ないので重量税と排気量税の2つの面でとても優遇されているのです。一般車と比較しても年間の維持費に違いが出てくるのは、消耗品のお金だけではなくこの税金にも差があって、そこで大きく関係してきているからなのです。そして古くから自動車を乗っている人たちにとっては、平成15年4月1日から後に車を買ったと言う場合で無ければ、それ以前に自家用軽自動車の税率は、一般車が5パーセントだったのに比べて3パーセントになっていました。今では全ての車の税率が3パーセントになっていますが、こうしたところでも昔から軽自動車の維持費が安かったと見て取れるのです。

 

サイトマップ

FX