車 維持費

車による税金の違い

車がこの世に誕生してから数多くの車種が生み出されてきましたが、それも今となっては維持費の問題でコンパクトカーや軽自動車、エコカーと言った車を各自動車メーカーが生み出すようになり、性能よりも快適性、燃費重視、乗り心地重視と言う車事情にシフトしてきたのです。一般的に車は軽自動車、コンパクトカー、セダンやワゴン、ミニバンと言うように区別されていますが、こう言った車種によって税金の値段が違ってきます。そこには車の重さ、そしてエンジンの排気量が大きく関係してきますし、軽自動車が1番税金が安く、ミニバンなどの重量がある車や大きな排気量のエンジンを搭載している車になると税金が高くなると言うのは車社会となっている今の社会では良く知られています。しかし、今の時代ではガソリンの高騰や賃金の低下からコンパクトカーや軽自動車が好まれる傾向にありますし、メーカーもそう言った車を重点的に開発し、車のユーザーを逃さないようにしています。もちろん、そう言う小さな車の方が排気量も小さい事が多いですし、重量も軽い車が多いので税金が安いと言うのは周知の事実となっています。その証拠に、家庭で持つ車に限らず会社の営業車としてそう言う車が使われることも多くなりました。

 

サイトマップ

FX