車 維持費

重量による税金の違い

ものには重さの違いがありますが、当然車にも同じことが言えます。重さは軽自動車が軽い部類に入り、トラックやバスが一般的に見かける車の中ではトップクラスの重さに入ります。この車の重さの違いによっても、自動車の税金に違いが出てくるのは現在では良く知られていることですが、ここにも区分けがされています。たとえば軽い部類に入る軽自動車ですが、この軽自動車は自動車の中では1番軽い部類に入るので当然重量の税金に関しても安くなり、1年間で一律4400円と決められていますます。それからその上のヴィッツやフィットなどと言ったコンパクトカーになると少しだけ税金が上がりますが、軽自動車では物足りないという人たちにとっては税金も安めで人気が高く、このクラスでは大体年額で、重量税としては36ヶ月(3年)で大体57000円となっています。そして最後に一般的なセダンやミニバンなどの車に関しては、大体が3ナンバーとなっていますが、これらの車は他のコンパクトカーや軽自動車と比較すると圧倒的に車重が重たい部類に入りますので、一例として3年間で76000円くらい、1年間では25000円強となりますので、重量税だけでも車によって大きな差があることがうかがえるのです。

 

サイトマップ

FX