車 維持費

自動車維持費の節約(自動車保険編)

虎の子の財産を取り崩して、またはローンを組んで車を購入したものの車を維持し続けるには、またまたお金がかかります。車は便利ですが相当の金食い虫です。でも、ガソリン代が勿体ないからといって、車に乗らなかったら何のために購入したのかわかりません。何とかならないものでしょうか。
車の維持費でコストが大きいものを考えてみてまず頭に浮かぶのは、車検、自動車保険(任意保険)、ガソリン代、ですよね。車検は2年(新車の初回のみ3年)に1回、法的に車をメンテナンスし、各種自動車に関する税金を支払わなければならないため、これを止めるわけにはいきません。では自動車保険はどうでしょうか。節約できるのでしょうか。
車検時、自賠責保険への加入は必須(義務)ですが、任意保険は義務ではありません。しかし、近年、交通事故時の損害賠償額は増加傾向をたどっており、もし人身事故でも起こしてしまったら、自賠責保険の限度額である3000万円では当然足りなくなります。そこで任意保険でカバーするのですが、対人・対物を無制限にし、車両保険なども加味すると等級などにもよりますが、年間で軽く10万円程度まで跳ね上がり、かなりの痛い出費となります。
ここで登場するのが、今流行のネット保険なのです。テレビでもCMで見かけますが、支社、営業所を持たないため、経費、人件費が要らなくなる分保険料が安くなります。また、加入条件を細分化し、つまり等級、走行距離や車種、加入者の年齢、適用範囲(本人のみ、家族限定など)、免許の種類(ゴールド免許等)などの条件を細分化し、その人にあった保険を採用するというものです。要するに不要、または余分な条件は省いて保険料を安くしようとするものです。加入条件やその条件に対する割引率は各社それぞれですが、ともに競合しているので、通常型の任意保険に比べれば確実に値段が落ちます。しかもインターネットを通して申し込めば、さらに5,000円から10,000円引きとなり、保険証券不要にすれば、500円引きと割引度合いが増すことになり、万単位での節約が可能となります。ネット保険会社の各社一括見積りの無料サービスもあり、複数のネット保険会社の保険料の違いが一目瞭然となります。是非、利用してみてください。

 

サイトマップ

FX