車 維持費

自動車維持費の節約(ガソリン編)

前項で、車の維持費でコストが大きいものは、車検、自動車保険(任意保険)、ガソリン代、と述べました。車検は2年(新車の初回のみ3年)に1回、法的に必須となっているため、法定点検、メンテナンス、各種自動車に関する税金は、その時に必ず支払わなければならず、これを止めることはできませんが、自動車保険に関しては、ネット保険に加入することにより、必ず万円単位で節約できると説明しました。ここでは、もう一つの大きなコストであるガソリン代についてみていくことにしましょう。
車検や自動車保険の支払いはスポット(2年または1年に一度など)ですが、ガソリン代は継続的なランニングコストになるので、走行距離の多い人ほど、給油の回数が多くなり、その都度費用の負担感が大きいように思われます。節約の第一候補は、セルフ方式のガソリンスタンドを利用(プリペイドカード利用が多い)することです。有人のガソリンスタンドと比べると、リッター当たり10円近く安くなります。ENEOSなど特定のガソリンスタンドでTカード(ツタヤのカードでポイントを貯める)を使って給油したり、その店、その会社の独自のカード(ポイントカード)を使って給油することも十分に得にはなりますが、セルフで給油することはそれ以上に断然お得になります。節約の第二候補は、エコ運転を心がけることです。環境にやさしい運転を心がけることによって燃費が約10%程度改善するといわれています。急加速や急ブレーキをご法度にしてください。必要以上にアクセルを踏まない運転を心がけることが大切です。基本的に燃料の消費量は、アクセルを踏む回数、そして踏み込む量に比例します。また、エンジンブレーキを多用するようにしましょう。これは、エンジンブレーキを使用しているときには、燃料を消費しないしくみになっているからです。あとは、余分な荷物を積み込まず、車を軽くすることと、タイヤの空気圧を少し高めにしておくことです。車自体を身軽にすることと、タイヤと地面の接地面積を小さくして、摩擦を減らすことで燃費を上げるという方法です。試してみてください。

 

サイトマップ

FX